キャッシングの際の本人確認書類について

初めてキャッシングする時には、本人確認書類に何が必要かを確認しておくことが大切です。各キャッシング会社によって必要書類が違いますし、自分の入手しやすい書類で提出できるところの方が使い易いのは当然です。本人確認には運転免許証があれば最強です。どこの会社も運転免許証でしたら本人確認が通ります。それ以外ですと例えばアコムでは、個人番号カードか健康保険証。保険証に顔写真がない場合や、免許証でも住所変更が済んでない場合などは、それに併せて6か月以内発行の住民票や、公共料金の領収書、納税証明書のどれかが必要です。さらにほとんどの会社では他社と合算の借入金額が100万円を超える場合や、自社だけで50万円を超える場合には収入証明書となる直近の給与明細書や源泉徴収票のどれかを提出するよう求められます。

アイフルでは運転免許証がなければ運転経歴証明書。どちらもない場合はパスポートか、個人番号カード、公的な証明書で住所、氏名、生年月日と写真入りのもの、住民基本台帳カードや、個人番号カードなどのうちの一つが必要です。それらの住所変更がしていない場合は、住民票か、印鑑証明書、公共料金の領収書のどれかが併せて求められます。また、アコム同様に借り入れ金額が社内規定に触れる場合は確定申告書や、直近2か月分の給与明細書、住民税決定通知書か、源泉徴収票、所得証明書のどれかが必要となります。このように細かいところまで調べると、会社により必要書類が微妙に差異があり、書類によっては手数料を払って役所でもらわなければならないものもあります。事前にチェックして自分はどの書類だったら入手できるのかを検討してから審査申し込みをすることをお勧めします。